和歌山北港海釣り公園


各地の海釣り公園をご案内しています。


今回は和歌山北港海釣り公園についての紹介です。

和歌山北港海釣り公園は紀伊水道を通じて太平洋に直結する場所で営業している海釣り公園で、海岸から2Kmも沖に突き出た全長1Kmの海釣り公園です。

紀伊水道から暖かい海水が流れ込むので、一年を通じて良く釣れます。四季を通じ大物釣り(真鯛、石鯛、ハマチ、ヒラメ、チヌ、グレ、他)を楽しむことができます。

また、大衆魚(イワシ、アジ、サバ、ハゲ、他)の魚種が豊富であり、勇壮なつり場です。

釣り場の水深は10m以上もあり、潮の干満にはあまり関係なく、一日楽しむということが可能な海釣り公園です。

釣れている魚は小サバ、イワシ、豆アジチヌ、グレです。タチウオも釣れています。

子供や女性であっても、安心して楽しむことができます。

また、釣り場においてはトイレをNO1?NO6迄の各ゲート入り口に完備していますのでお子さんや女性にも好評です。

1Kmに及ぶ釣り公園内を、移動販売で、おにぎり、ラーメン、うどん、ビールといったものの販売も行っています。

売店においては、釣具、貸し竿、エサ、パンといったものの販売をしています。

また、食堂も営業しており、ラーメン、うどん等々、豊富な品揃えとなっています。

駐車場から釣り場まで、約2分と楽に行くことの可能な距離です。

和歌山北港海釣り公園は4月から11月の間休園日なしで営業します。

7月9日(月)にマダイ・サンバソウの稚魚を各1000匹放流しました。 

安全確保のため投げ釣りは、禁止となっているため注意しましょう。





大黒海釣り公園

大黒海釣り公園は横浜ベイブリッジのある大黒ふ頭にあり、海釣り桟橋付きの公園です。

公園内の芝生や小高い丘や海釣りデッキからは、房総半島やベイブリッジを望むことができ、恋人や家族連れの憩いの場として有名です。

公式サイト(http://www.y-dus.com/)にいろいろと情報が載っていますから確認のうえご利用下さい。

住所は〒230-0054 横浜市鶴見区大黒ふ頭20で、主な最寄駅はJR根岸線『桜木町』駅からバスが運行されていましたが、4月から変更になりました。市営バスのご利用は横浜駅西口からになっています。

ご利用は車で行くことをおすすめします。駐車場には約200台分のスペースがあります。

主なアクセスは首都高速大黒線大黒埠頭出口を出て「海釣り公園方面」に向かいます。一般道からであれば、鶴見区生麦から大黒大橋を渡り、看板の表記に従います。

料金は『海釣り桟橋』は1回券900円、見学100円で、『公園部のみ』であれば無料です。

営業時間は4/1〜10/31の期間は6:00〜19:00、11/30〜3/31であれば7:00〜17:00となっています。

定休日は年末年始および施設点検日(公式サイトにて確認してください)、売店は毎週火曜日(夏休みは営業)です。

駐車料金は3時間まで250円、5時間まで350円、1日まで500円となっています。

この公園を楽しむポイントとして3つ挙げられます。

(1)「海釣りデッキ」
長さ200mの桟橋(=海釣りデッキ)からは、真正面に本牧シンボルタワーが見えます。

約300人が入場することが可能ですが、釣りシーズンは、朝から入場制限がかかるほどの混雑です。

(2)「横浜港と房総を」
横浜港を海に面したベンチで爽やかな潮風を感じながら眺めるのがおすすめです。芝生でゆっくり寝転びながら、ピクニック・デートを楽しむということが可能です。

公園内にある小高い丘は最高のビューポイントです。三浦半島や房総半島、富士山なども見るということが可能です。「アクアライン」や「海ほたる」もバッチリです。

(3)「シーメンズクラブ」
お弁当やお菓子・飲み物は、売店のほか、大黒ふ頭内のコンビニが便利です(「シーメンズクラブ」内にあります)。

また、公園内には、貝や魚といったものを模したオブジェが点在しています。何がいるか探してみるのも楽しみ方の一つです。

福岡海釣り公園

福岡市海釣り公園は福岡市の西のはずれ、糸島半島に位置している、なんといっても市内から近場で人気の釣り公園です。

交通は昭和バスが博多駅・天神・今宿から福岡市海釣り公園前まで運行しています。天神から約60分です。

車であれば都市高速を百道浜ランプで下り、海を右手に眺めながらの軽いドライブ気分で行くということが可能です。

市民が自然と触れあえる場として、少年少女釣り体験学習、稚魚放流、職場対抗釣り大会といったいろいろな催しが年間を通して行われており、入場者数はこの十年間で延べ五十万人を突破しました。

福岡市海釣り公園の夏の対象魚はスズキ、アジ、カワハギ、イシダイ、ヒラメ、メイタ、チヌ、バリ、クロ、ボラなどです。

日曜日には家族連れで賑わい、お父さんはウキ釣りでチヌ狙い、子供たちはサビキでアジ子の大漁、そしてお母さん手作りのお弁当を家族で広げるといった光景をあちこちで見ることができます。

救命胴衣や竿は貸し出してくれるし、仕掛け、エサは売店で揃うため、ドライブの途中にふと思い付いて立ち寄った場合であっても、心配は不要です。

分からない点があれば指導も受けることもできます。
また、身障者用トイレ、ベビーベッドなどの設備も充実しているため、釣りにはつきものである不自由さは一切心配することなく家族全員で楽しむということが可能です。

日によっては 10cmクラスのアジ子であれば100尾以上も釣ることができ、このアジ子の生きエサによって25〜35cmのセイゴを狙うということもできます。

落とし込み釣りをしている人も多く、0.8〜1.5号のハリスにより25〜30cmのメイタが平均3〜5尾釣れています。

豪華なおみやげを持って帰りたいという人は海洋釣堀でマダイ釣りを楽しんでみましょう(買取り制になっています)。今後の狙い目としてはヒラメ、スズキ、バリ、ポラなどの魚があげられます。

交通アクセスですが、以下のようになっています。

天神駅〜今宿駅
今宿駅下車、昭和バス(西ノ浦行)に乗り換え
■所要時間/約25分
■料金(片道)490円

●昭和バス
(博多駅発西ノ浦行)-草場経由は除く

今宿〜海づり公園前
■所要時間/約20分
■料金(片道)390円

天神〜海づり公園前
■所要時間/約60分
■料金(片道)390円

●道路
(千代今宿線、県道福岡、志摩前原線)

天神〜海づり公園前
■所要時間/約50分




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。